【IIFA Awards 2015】IIFA Awards潜入レポート その1

  • 2015.10.24 Saturday
  • 01:50
DDDプレミア上映グリーンカーペットを覗いただけでも、だいぶ濃ゆい体験ができましたが。
本番は翌日の6/7(日)夕方からのIIFA Awardsです。その前の昼ごろに、前日にさんざん出演者を目撃した同じ映画館Surya KLCCで、映画Dil Dhadakne Doも観ました。それはまたどこかで。

もうだいぶ前でお忘れかと思いますが、【IIFA Awards 2015】IIFA Awards潜入準備編その1 、その2で書いた通り、ものすごく中心部から離れた会場だったため、今回はレンタカーを借りて出陣。これで、どれだけ遅くなっても大丈夫!!
ようやく「とんでもない席」だった話もできます。すみません、ブログ書くの遅くて。

入り口横には、しょぼい”のぼり”がぽつんとあり、まだ当日券を売ってました。



スタジアムの脇に、白いテントが見えますが、この中がセレブが通るグリーンカーペットのようです。
一般庶民は入れません。入れるのは一部の選ばれしセレブ招待客のみ。
車が横付けされるたびに大歓声が!!!木に登っちゃってる方もいますね。



さて、いざスタジアムの中に入ると。。まぁ、予想通りというか、かなりボロい。
っていうかこの席、スタッフ席じゃね?疑惑が。


席の真横の手すりにケーブルがビニールテープでぐるぐる。。手すりはサビだらけ。向こう側はいい席らしい。


足元も配線だらけ。前は通路。いや、どう考えてもスタッフ席でしょう?すぐ左下にはに待機するスタッフが。しかも後ろに誰も座っていない。


ステージをやや後方から眺めるという感じです。(カンペ用モニターも見えますし)なんだかなーと思って、開始を待っていると、
「さぁ、みなさん席に着きましょうね、ちゃんと座らないと始まりませんよー。」
的なアナウンスが。みなさん、ケータリングのカレーに夢中(?)で、わさわさしています。
当然、時間通りには始まりません。ゆるゆるです。

そんな時に、目の前をすぅーっと横切りました。


(参考資料 IIFA Awards 2015 Green Carpetより)

アヌパムさん?アヌパムさんが目の前通らなかった?????
まさか、この目の前の細い通路はスタッフ用でしょう???

【IIFA Awards 2015】Dil Dhadakne Do premier グリーンカーペットに潜入 その2に続き、さりげなすぎてアヌパムさんに気がつかない事件発生。誰も騒がないんですもの。一体どうして2日連続でこんなことに!この通路ってセレブも通るの?と困惑していたところ。

続いて、ななななんと!!


(参考資料 IIFA Awards 2015 Green Carpetより)

ジャッキー・シュロフ氏の息子、Heropantiで2014年デビューした、タイガー・シュロフさんがフツーに通りました!!!

さらに、ビックリなのが、私達が日本から来たと知ると、「日本は好きな国だよ。」と、ちょっと立ち止まってお話までしてくれましたぁぁぁぁぁ!!!写真がないのが口惜しすぎます。生タイガーは写真よりもさらにさわやかなイケメンでした!!しかし、DDDプレミアの帰りにジャクリーンに手を降ってもらった時もそうですが、肝心なときは写真がありません。

タイガーは武道をやっているようなので、もしや空手?と思って後日調べたところ、テコンドーでした。韓国のついでに日本にも来てくれたことがあるのかしら。タイガーのインスタグラムをフォローすると、すごいアクションが見れて楽しいですよ。
 

My first #IIFA and what more could I have asked for :) this was my real prize! Thank you jadoo :D #IIFA2015

Tiger Shroffさん(@tigerjackieshroff)が投稿した写真 -



ええ、そうなんです、この席はスターも通る通路沿いだったのです!!
許す、配線がむき出しでも許す!!




そんな感じでタイガーさんとやや交流ができて満足していると、今度はお父様が!!!



お父様のジャッキー・シュロフ氏が、息子の姿を見るやいなや抱き寄せて、一緒に写真を撮らせてくれました!!!



ジャッキー・シュロフさん、「チェイス!」のお父さん役でお馴染みのあの渋い俳優さんです。
近年ではHappy New Yearの敵役で出演されています。
勝手にインドの父と呼ばせていただきます!!!インド方はみなさん子供が好きですね(^^)


(参考資料 IIFA Awards 2015より)

仲良し親子ですね。次の日ご予定があったようで、アワードの途中で帰られました。(帰りも横を通過)
まだまだ続きますよ。すごい方が続々通りますよ!

※俳優名や映画タイトルから弊店のショップページへのリンクがありますので、ご了承ください。
Ratna

【復讐の町 Badlapur】(2015年)復讐の先にあるもの

  • 2015.10.17 Saturday
  • 03:12

 

IFFJ2015でこんなにも素晴らしい作品を、ラーガヴァン監督をお迎えして観ることができて本当に嬉しかったです。
監督に今年一番の作品です!!とお伝えしました。

【復讐の町 Badlapur ストーリー】
最愛の妻と息子を、銀行強盗犯の襲撃によって亡くしたラグー(ヴァルン・ダワン)。強盗と殺人容疑で捕まったリヤーク(ナワーズッディーン・シッディキー)の周囲に近づき、妻と子の敵をとるべく自力で調べていくが、リヤークは決して強盗仲間の名前を言わない。そのまま時は過ぎ、15年経ちリヤークはあることがきっかけで出所し、仲間とコンタクトを取る。
そこから、ラグーの復讐劇が始まった。
 



…………〈ここから先はネタバレですのでご注意ください〉…………


この映画の面白いところは、妻子を殺されて復讐心をたぎらせるラグーと、銀行強盗でかつ殺人犯のリヤーク、それぞれのキャラが最後まで自分の信念を曲げずに物語を進めていくうちに、観客がそのキャラに寄せる気持ちが逆転していくというところだ。

冒頭シーンでは、罪のない母子を殺してしまった犯人リヤークには憎悪の気持ち、妻子を殺されて一人になってしまったラグーは哀れむ気持ちになる。リヤークに対して復讐心を持つのも当然に思える。しかし、物語が進むにつれて、だんだんとラグーの行動に同意しきれなくなってくるのだ。

犯人のリヤークに反省の気持ちが全く見えないことが、妻子を殺されたラグーをさらにいらだたせる。
自分ではなく、3週間前に知り合った仲間が殺ったのだと。カネは警察が半分持っていったかもしれないだの、自分は悪くない、ただ運転していたのだと言う。

リヤークとはこんな男だ。売春婦をしている幼なじみのジムリの身請けをしたいがために、盗みを働く。奪った車の持ち主のミシャ(ラグーの妻)が騒いでどうしようもなかったからと撃つが、「自分はやっていない」の一点張り。仲間の名前は決して出さず、出所後に自分の取り分を受け取るべく、機会を見つけては脱獄を繰り返す。そうこうするうちに15年の歳月が経ってしまった。
リヤークは20年の刑期まであと少しというところで病魔に侵されてしまった。

囚人の支援活動をしているショーバという女性がラグーのところへやって来た。余命一年と宣告されたのリヤークに、最期は人間らしく生きてもらうため、刑期を短くする嘆願書を提出したいとのことだった。
未だ復讐心に捕らえられているラグーは断る。するとショーバは言った。

「あなたが嘆願書にサインしようがしまいが、リヤークの罪は神によって裁かれるでしょう。でもあなたは、妻子の写真さえも飾らず、まるで囚人のようね」

15年間、妻子の思い出の品をしまい込み、まるで囚人のように過ごしてきたラグー。ここで余命一年のリヤークを許せば、彼の心はもしかしたら解放されたかもしれない。一方のリヤークも余生を母の元で安らかに過ごしたら。。

リヤークの母も息子を釈放してもらうために、ラグーの元を訪れた。リヤークは15年経っても何も変わってなかった。釈放されたら相棒に会い、カネを受け取るつもりでいたのだ。ラグーはリヤークを釈放することに同意した、おびき出すために。

15年の歳月は、傷をいやすどころか憎悪を増していくようであった。

ラグーはリヤークの母から聞いた相棒の住所を訪れ、相棒のハルマンとその妻カンチャンに出会う。この二人を、ラグーは残忍な方法で殺害した。証拠隠滅のため、ショーバも利用した。

ハルマンが殺され、もはやカネを受け取ることもできないリヤーク。恋人のジムリは他の男の元に。そして、余命一年の身体。リヤークには何も残っていなかった。

リヤークはラグーに真実を告げた。
「俺達は殺人犯だ。おまえの妻を殺したのは俺だ。混乱していたんだ。でもお前は冷静に二人を殺した。罪のない二人を」

ラグーは15年前、自分の全てを一瞬で奪われ、
リヤークもまた15年という歳月を棒に振り、病に侵され、そして何も残らなかった。

リヤークは母に聞いた「おやじの長所は?」
母はまともに答えない。
「息子のいいところくらい、答えられるようにしてくれな」

警察署にて、驚くべき行動をとったリヤーク。
「ハルマンとその妻カンチャンを殺したのは俺だ、カネを受け取れなかったから殺した。」
ラグーから聞いた、殺した方法と遺体を埋めた場所を言うリヤーク。

ひょうひょうと刑務所に戻ってきた。

リヤークという男は、本当にケチなゴロツキで、ロクデナシな男であった。運も悪かった。
だが、ラグーの罪をかぶって、心静かに逝くことを望んだ。
治療もせず、淡々と椅子を作っていくリヤークに、観客も安堵を覚えた。彼は救われた、と。
(この演技がまた素晴らしく、監督が脚本段階からこの役にナワーズさんの起用を考えたのもうなずけた。)

ジムリからリヤークの死を知らされたラグー。「みんなに2度のチャンスはないのよ。」

ラグーは元々善良な人間だった。復讐のためとはいえ、罪の無い人を殺してしまった罪は永遠に消えることはなく、彼の心を蝕んでいく。それは魂が滅びるまで囚われ続けていくだろう。
リヤークは、そんなことはきっと想像してはいなかっただろう、ただ、不運だった自分を思い、ラグーにチャンスを譲ろうとしたのではないだろうか。

しかしながら、ラグーは永遠に誰にも許されることのない、出ることもできない自分の中の刑務所に閉じ込められた。

「今日死にたい気がする」まさにそんな気持ちを表した曲である。



メモ:http://www.hinditracks.in/2014/12/jee-karda-hindi-lyrics-badlapur.html
http://www.bollymeaning.com/2014/12/aaj-mera-jee-karda-badlapur-lyrics.html

ヴァルンの演技も見応えがあった。善良な一市民が、だんだんとダークサイドに堕ちていく姿が素晴らしくはまり役だった。
ヒーローのイメージが元々あるので、それが覆されるのも良い効果になっていた。
今後も楽しみな俳優です。
Ratna

【Ishaqzaade】(2012年)愛に生きる子どもたちの行末

  • 2015.09.23 Wednesday
  • 00:59



【Ishaqzaade】あらすじ
ヒンドゥー教徒のパルマ(アルジュン・カプール)とイスラム教徒のゾーヤ(パリネーティ・チョプラ)はお互いの家が政敵同士・異教徒ということで、幼い頃から罵り、いがみ合っていた。お互いの「家」のために、常にぶつかり合う二人。

しかしパルマが銃口を向けても動じないゾーヤの気丈さに惚れ、パルマはゾーヤに愛のアプローチをすることにした。



「haraamzaade(ごろつき)じゃない、Ishaqzaade(愛の子)だ。」
※IshaqzaadeというタイトルはIshq(愛)+zaade(〜の子)という造語のようです。


…………〈ここから先はネタバレですのでご注意ください〉…………

 
続きを読む >>

【IIFA Awards 2015】Dil Dhadakne Do premier グリーンカーペットに潜入 その2

  • 2015.07.05 Sunday
  • 18:32
さすがに18時から二時間以上張りこんでいたら、ぐったりと疲れました。

当日のIIFA公式さんのツイート。
プレミア上映も始まってしまったようなので、とりあえず休憩を。ここで初めてグリーンカーペットが意外と長いことに気がつきました。カーペット沿いのお店は、あの混雑でお客さん入れたのでしょうか!?



あっ


ちょうど上に香港で有名なマンゴーやさん許留山があるじゃないですか!!
ようやくここで、生きた心地がしました。ありがとう、許留山。

 13.9RM(487円)
しかし、ここでのんびりしていたら、夕ごはんを食べそこねてしまいました。


まだまだセレブがこの映画館内にいるので、出待ちのお客さんもちらほら。
せっかくなので、私もダメ元で出待ちをしてみました。


ここは私が張り込んでいた脇にあった、黒い暗幕がかかったボードのちょうど表側です。ここでインタビューなどがあったのですね。

ちらほらお客さんが出てきたので、のんびり待ちかまえていると、、

あれ、あの御方はもしや・・・・
アヌパム・ケールさんじゃないですか!!↓動画があります。
Anupam Kher

あっさり通り去るアヌパム・ケール氏

Posted by Ratna - Bollywood Style Shop on 2015年7月5日

誰も「アヌパムさん!」とか声をかけてなかったとはいえ(これもまた不思議なのですが)、
こういう時は即座に判断することが重要だと思いますが、なんとなく脳裏に「まさかそっくりなご兄弟?」という疑問がふいにわいてしまい、
明らかにアヌパムさんなのに、声をかけそびれてしまいました。。ショック。こんなに近かったのに!!



↑とっても似ているご兄弟。(右がアヌパムさん)

 当日のアヌパムさん。間違いなくご本人。

同日のアヌパムさんのツイート。ここはマレーシアなのかしら??つるつる。。

その後、アユシュマン・クラナさんも通りましたよ。セキュリティーにバッチリガードされながら通りました。
こちらの動画も私のかけ声が超うざい&音がわれてしまっているので、ミュートでご覧ください。↓
本当にロクな動画がなくて申し訳ないです。。

アユシュマン・クラナさん夫妻。私の声がうるさいので、ミュートでおねがいします。

Posted by Ratna - Bollywood Style Shop on 2015年7月5日

その後に、もうないだろうと思ったら、ジャクリーン・フェルナンデスさんが通りましたよ!!
もう本当に人が少なかったので、私により先に会った方が出てきてすぐセルフィーを頼んでました。
快く引き受けるジャクリーン。

その間の私、大パニック。カメラを出そうと思ってあわあわしているうちに、近くを通ったので、
一生懸命「ジャクリーン!!」と声かけ。
今思うと、もうちょっと「日本からきたよ〜」とかなにかちゃんと伝わること言えばいいのに、ただただ連呼。
急なラッキーにはなかなか対処できないのですよ。。

ジャクリーンさんは、ああまりに私が名前を連呼するので、一瞬なんなの?という表情をしましたが(ゴメンナサイ
汗
私の方をちらっと見て、東洋人で珍しいと思ったからかどうか不明ですが、にっこり微笑んでくれました。

おお、女神がいる
ぴかぴかぴかぴかぴかぴか

でもね、その肝心な写真や動画はないの(泣)そういうもんですよね。

ジャクリーンさんが通る様子は、ジャクリーンFCマレーシアさんの写真がありましたので、載せておきます。こんな感じでした。
 
ご本人のインスタ写真。このお姿を拝みましたよ!


さて、つい先程たくさんアップされ始めたIIFA関連の公式動画をチェックしたところ、この日の動画もありました。
 




楽しそうなDDDメンバー。(IIFA公式写真)
Bollywood Hungama さんのYouTube動画で、そもそも居るべき位置を間違えていたことが判明。

とはいえここに突入するのは結構たいへんですね^^;

ここがメイン会場でした。祭りの後の写真。↓

絶対によい場所で見たい方は、早めの行動が吉です。

今回の教訓。ホテルやショッピングセンターなど、屋内イベントでのグリーンカーペットは一般人も見られる可能性が高そうなので、早めにいってみるべし。
ちなみに、翌日のIIFA Awardsはスタジアムで、グリーンカーペットが狭く、一般人は入れませんでした。
Ratna

【IIFA Awards 2015】Dil Dhadakne Do premier グリーンカーペットに潜入 その1

  • 2015.07.05 Sunday
  • 04:26
無事なんとかチケットも確保し、エアアジアでクアラルンプールへ向かいました。
着いて早々にインド映画DVDなどを買いにインド人街へ向かったのですが、そのあたりの話はIIFAの記事を書き終わってからにします。

IIFA2日目(6/6)に、Dil Dhadakne Doプレミア上映会がKLCC Suria内、TGVシネマで行われました。この映画館ではインド映画も上映しています。SRKのDONなどでおなじみの、ペトロナスツインタワーのすぐ近くです。

 
ペトロナスツインタワーとアニル・カプールさん

プレミア上映には参加できないので、せめてグリーンカーペットを観られたらいいな、という感じだったのですが。いかんせん、一般人が観られるのかどうか事前情報が無く全くわからず。(インド人は知っていたのかしら?)

すでに昼すぎまでインド人街をうろうろして大荷物&疲労困憊だったので、見られない可能性もありますし、行くかどうか迷ったのですが。一旦ホテルに荷物を置いて、念のため行くことにしました。

予定では16:00-17:30 グリーンカーペット、18:00-20:00 Dil Dhadakne Do上映とありましたが、遅れることを見越して18時頃行ってみたところ、調度良く盛り上がっていました。


アユシュマン・クラナさん Ayushmann Khurrana 奥様と来られてましたよ。(下はIIFA公式写真より)


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター」でデビューした
ジャクリーン・フェルナンデスさん Jacqueline Fernandez(右はIIFA公式写真より)



フーマー・クレイシーさん Huma Qureshi(右はIIFA公式写真より)

などなど、普段映画で身近なあの方この方が続々登場!
しかし、遅く行ったのでなかなか良いポジションからは見られず・・。大柄な方が前を占領しちゃうと見えない見えない(泣)
もうおしくらまんじゅうなんてもんじゃないですよ!ぐいぐい押されますし!

しかし、スタァ様が前を通る度に大騒ぎ!
グリーンカーペット沿いには大量のインド人。その中で明らかに浮いている私。

グリーンカーペットイメージ写真↓この混雑ぶり!


そうなんです、Dil Dhadakne Doに出演している「バルフィ! 人生に唄えば」「クリッシュ」「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦」でおなじみの
プリヤンカー・チョープラーさん Priyanka Chopra も、もちろん来てました!!写真は無いのですが、一瞬映ってる動画があります!!↓※めっちゃうるさいので、音はミュートにしたほ うがいいです。
 

IIFA2015 DDDプレミア上映のグリーンカーペットにて、一瞬映ったプリヤンカ。音はミュートにしたほうがいいですww

Posted by Ratna - Bollywood Style Shop on 2015年7月4日


ほんまにあっという間でした。。

実は今回一番うれしかったのは、
私が大大大ファンのリテーシュ&ジェネリア夫妻が来ていたこと!!



リテーシュ!!リテーシュ!!と一人大騒ぎ。しかし遠くて気づいてもらえず(涙)


(下はIIFA公式写真より)
アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター」のリテーシュ・デーシュムクジェネリア・デーシュムク Riteish Deshmukh , Genelia Deshmukh(Genelia D'Souza)
お二人は来たと思ったら、通った道を戻っていったので、まだ0歳6ヶ月くらいの息子Riaanくんのために、映画を観ずに帰られたのかもしれません。
まだまだ。大物が通りましたよ。

スラムドッグ$ミリオネア」のアニル・カプールさん Anil Kapoor さわやかに、にこやかに歩いてました!!


(Miss Maliniさんのページより拝借)
そして、「ミルカ」で日本でもおなじみファルハン・アクタルさんも!! Farhan Akhtar
動画があります。左はじっこに一瞬ですのでお見逃しなく。↓※めっちゃうるさいので、音はミュートにしたほ うがいいです。
 

IIFA2015 DDDプレミア上映。左端に一瞬だけファルハンが映ってます。音声はミュートにしたほうがいいです。

Posted by Ratna - Bollywood Style Shop on 2015年7月4日


手をのばしてなんとか撮れた、という感じでしたので、私にはくっきりとした分け目しか見えませんでした。。

うらやましいわぁ。
私が居た位置は、エスカレーターと、インタビューをするボード(黒い暗幕がかかっている)の裏の間の超狭いスペースだったのですが、インタビューのための裏方さんのお仕事ぶりがよく見えました。インタビュアーの女性が台本を持って打ち合わせをしたり、カメラマンさんやヘアメイクさんなどなど、たくさんの方が関わっていて、みんなインドから来たと思うとすごいイベントだなぁ。。と改めて実感。このインタビューの動画も早く観たいものです。


見えない位置(ボードの反対側)で休憩しているスタッフさん。お疲れさまです。休憩室なんてないものね。

だんだんスターが通らなくなると、暇になってきて、周りのインド人さんたちが話しかけてくれました。
やはり、東洋人は目立つ(笑)めちゃアウェイですが、みなさん感じのいい方ばかりで一安心。
「誰が好きなの?」と聞かれたので、
「シャールクとー、シャーヒドとー、、、あとリテーシュ!」と言ったら、
「そう、リテーシュが通った時、最初に気づいたのはあなただったわね!」と
(バレてるwww)
「僕は、よくリテーシュの髪型を真似するよ」
意外なスター活用法ww
そして、前の方で動画を撮っていた男性が、リテーシュとジェネリアがインタビューを受けている様子を見せてくれました。ありがたや。
こういう交流があるとなんか旅って感じで嬉しいですねぇ。
まだ続きます。
Ratna

※俳優名や映画タイトルから弊店のショップページへのリンクがありますので、ご了承ください。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【youtube公式で全編観られる★インド映画】次回9月19日(月/祝)インド映画オフ会のテーマ★シャヒード・カプール特集
    mayuri (08/13)
  • 第3回『関西インド映画オフ会』ご参加ありがとうございました♪
    hiro (08/11)
  • 第3回『関西インド映画オフ会』ご参加ありがとうございました♪
    ラルラニ (08/10)
  • 第3回『関西インド映画オフ会』のお知らせ 8月7日(日)
    yoshiko (08/07)
  • 新作ボリウッド映画リミックスCD、『EVERYBODY ON DANCE FLOOR 12』ほか、おすすめCD&ダンスDVD入荷しています♪
    Ratna (07/21)
  • 新作ボリウッド映画リミックスCD、『EVERYBODY ON DANCE FLOOR 12』ほか、おすすめCD&ダンスDVD入荷しています♪
    hiro (07/21)
  • 【初心者さんのボリウッド】シリーズvol.3補足編 インド男性俳優は本当に小太りか!?「インド版スリラー」の現代ボリウッド版も観てやって!
    Ratna (07/13)
  • 【初心者さんのボリウッド】シリーズvol.3補足編 インド男性俳優は本当に小太りか!?「インド版スリラー」の現代ボリウッド版も観てやって!
    yoshiko (07/12)
  • アルゼンチンの妖精Danisaベリーダンスディナーショーのお知らせ
    インド料理JAY (07/11)
  • 【初心者さんのボリウッド】シリーズvol.3補足編 インド男性俳優は本当に小太りか!?「インド版スリラー」の現代ボリウッド版も観てやって!
    Ratna (07/10)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM